マッチングアプリで恋人ができた!実体験から分かった3つのコツ

マッチングアプリって色々不安がありますよね?本当に出会えるの?

とか、変な人に当たったら怖いとか色んな声をよく聞きます。実際に顔も見えないネット上で、出会うことに不安になるのは当たり前だと思います。私もその1人でした。

私は友達に一緒にやろうと言われて登録したのですが、そもそもマッチングアプリを利用すること自体にとても抵抗がありました。そこまでして、恋人欲しくない、なんかガツガツしてるって思われそう、と内心は思っていました。しかし!そんな私が登録から2ヶ月で、彼氏ができました。私がやった方法を少しご紹介したいと思います。

 

写真は大事

1つ目は、写真はできるだけたくさん載せよう!です。マッチングアプリは写真とプロフィールを見て、気になる相手にいいねを送ることができます。

 

また、相手も自分のことが気になったら、いいねを送ってくれます。自分がいいねを送る相手を探す時、1番に見るのはやはり写真だと思います。どんな顔なのか、どんな雰囲気なのか、まずプロフィール写真を見ます。そもそも写真を1枚も載せていない人にはどんなプロフィールなのかを見に行くこともしないと思います。なので、写真は絶対載せた方がいいです。

美人とかイケメンとかは正直あまり関係ない気がします。それよりも、どんな雰囲気なのかわかる方が大切です。アップは恥ずかしい方は、遠目の写真でも大丈夫です。できたら、自分の雰囲気がわかる写真を何枚かと、あとは好きな物の写真、趣味の写真、好きな食べ物の写真などを合わせて載せると、ちょっと気になるなと思ってプロフィールを見に来てくれる人が増えます。

 

プロフィールは充実

2つ目は、プロフィールは充実させよう!です。プロフィール欄は、マッチングアプリによって多少は違うと思いますが、だいたい年齢、居住地、出身地、職業、血液型、兄弟、離婚経験、趣味、子どもが欲しいか、専業主婦か共働きか、などを記入します。年齢や居住地などは必須ですが、他は任意のことも多いと思います。しかし、できる限りは記入した方がいいです。写真以外にその人のことを分かる唯一の物がプロフィールです。記入しただけ、マッチングの成功率も上がります。

 

とりあえず会う

3つ目は、気になる人にはとりあえず会ってみよう!です。マッチングし、メッセージのやり取りをしていると一度会いませんか?という話になります。顔もわからない人と会うのは正直不安だと思います。まずは、昼間にランチかカフェなど、明るい時間に人の多いところで、とりあえず会ってみるのがオススメです。会ってみて少しでも怖かったり、おかしいなと思ったら、用事ができたと帰るのもありだと思います。どんどん会ってみて、自分のフィーリングに会う人を見つけてください。

 

以上が私が実際に体験してわかったコツです。興味がある方は一度試してみてはいかがですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です